瓦の劣化症状

・瓦屋根の劣化部分

瓦屋根の劣化部分は、実は多くある箇所として、瓦屋根の隙間が空くようなズレからの問題があります。瓦自体は、そう簡単に割れるものではないので、実際雨漏りの減少が起こっている場合は、瓦屋根がずれた結果として起こります。まれに、割れるという部分もありますが、それは、崩落などの原因で、瓦が重なって割れるという意味になり、一般的には瓦自体が破壊されたという自体は珍しいのです。ですので、瓦の重なり方の問題から、その隙間に水が染み込んでという問題は発生します。瓦の劣化症状として、築年数が建っているもので、瓦の表面コーティングが摩耗してということもありますが、実際は陶器として焼成してできているものですので、瓦自体に水が侵食することは考えにくいです。

問題は、瓦の並びに問題が生じ、その結果として、連続してはめ込んでいる瓦の下の部材の問題であることがあります。下地の木材の箇所は水が入ると、腐る恐れがあるので、その木材部材のへたれが原因で、瓦がずれるという減少です。

瓦の割れ

 

・崩落があれば危険

瓦は、下が道路に面していたり、庭の一部の箇所に落ちれば、大変危険です。瓦一枚としても相当の目方のかかっているものですので、崩落して人身被害とならないように、瓦が堕ちてしまっている場合は、すぐにの補修が必要になります。瓦が崩落する原因としては、瓦を支えている下地部材の劣化が原因となります。他には、連結している瓦箇所のシーリング・漆喰作業がうまく施されていないという原因も考えられ、補強用の目止めが完璧に施工されていなかったという原因も判定できます。瓦の崩落は、一度起こってしまうと、屋根下材に直に雨が入り込みますので、すぐに補修しなければ、木材を腐食で傷める様相となってしまい、それが天井より丈夫であれば、雨漏りの原因となります。瓦自体はその補強用に、目止めをする箇所もあり、瓦補強工程をし直す必要に直面するでしょう。瓦の部材はそれに近い瓦の形を変形させて、いまある瓦に合わせたり、品番を確認してそれと同じ瓦を導入するかで対処は効きます。崩落すれば、瓦は破損しますので、代用として使用することはできません。ですので、崩落の起こる前に瓦のズレの部分が見つかれば、早期に補修することが肝要です。

 

・瓦屋根の補修は早く

瓦屋根の補修は早めにすることが重要になります。これは、瓦のずれている段階で、早期補修をすれば、崩落の危険性を脱することになるからになります。瓦がずれたり、隙間ができたりすれば、階上の天井部分に雨漏りの減少が出ますので、その段階で、瓦の補修工事をしましょう。瓦は、強風にも耐えられる仕組みがありますが、その目止めの工程や、漆喰の作業において不都合があったばあいは、隙間から水が入り、その結果として、下の木材を腐食させる恐れがあります。これがひどくなると、瓦の隙間よりいつも水が漏るようになって、結局雨漏りとして、住居人が迷惑を被るかたちになります。瓦の補修工程では、大工さんが登るだけの作業が基本になり、一日でも終わる場合があります。ですので、補修として、瓦まで新品にしなくてよいというケースでは、下の木材補修と、目止めだけで、工程は完了します。

もし、崩落して、瓦をその部分だけ新調しようとすると、取り寄せる手間と、同じ色にするという色探しの面で、工期が延びる可能性があります。ですので、瓦自体に問題はなく、瓦を支えている箇所にだけ問題があれば、瓦はそのまま使用して、目止めだけで終わるのです。

 

・瓦屋根の隙間から

瓦屋根は、通常、強風にも豪雨にも耐えうる構造をしている、立派な構造品です。ですので、瓦屋根の補修は通常、瓦屋根にするものではなく、その瓦を保持している漆喰や下部材への調整で済むのです。瓦の隙間ができるという自体は、経年変化による可能性もあり、一般的な自身では大丈夫な作りになっていますが、下部材のへたれと同時に瓦がずれてしまうと、同時に隙間が一気に開いてしまう結果にもなります。瓦と屋根部材の間には隙間があって、風の通る仕組みになっています。そして、熱を遮断したり、通気性を高める効果があるのです。この位置は、瓦の隙間ない組み方により、長期的に雨漏りのしない仕組みとして、伝統様式構造として確かです。ただ、瓦施工の失敗や、隙間からの腐食が原因になることも有りえますので、少しの漏水が確認された時点で、工務店などに点検を頼んでみましょう。補修工事には専門の職人が対応しますので、補強工事のみでの比較的安上がりな対処となります。瓦がもし破損していても、全部の瓦を取り替えるわけではないので、一部分の瓦の交換になります。早期に点検して、補修しておけば、瓦屋根の再利用は可能になります。